カテゴリ:病気&病院の事( 270 )

出ちゃったぁ

e0046305_13361282.jpg

午前中、庭で弾けるライルさん。
5分も遊んでないのに、その後散歩拒否。。。






昨日、ライルさんの病院へ薬と尿検査のため行ってきました。
フードを通常のシニアフードに変更して、果たして体の状態は!?



出ちゃいました、ストラバイト。
腎臓とか心臓が、ちょい問題のある子にもお勧め・・・ってあったけど
やっぱ、ライルには合わないんだなぁ。
しかも、尿タンパクは3+。
いつも+状態では、あるんだけど。

尿タンパクは、一昔前だったら腎生検してどれだけ腎臓が壊れてるか
検査したかもな感じですが、それをやったところで
治療して治る訳じゃないので、取りあえずフード変更して再度尿検査となりました。
血圧の薬を飲んで居る事が、唯一治療と言えるかな。

PH8でも、結晶が出ない時もあるからねぇ。
PHを問題にしてもしょうがない。

今朝、早速別のフードを注文しました。
体重も、28.9kgになっていたので、カロリー少な目をチョイス。
初めて食べるメーカーなので、ライルに合うかなぁ~

これで、ダメだったら
腎臓の療法食で、いいか・・・・・と思う今日この頃。
もう、何食べさせていいか分かりませんもの。







あと、12月に脂肪の塊を摘出したライルですが
手術のとき刈り込んだ毛の生え方が、遅い・・・と先生に指摘されました。
間もなく2ヶ月になりますが、こんな感じ ↓ 
e0046305_13361247.jpg


確かに、くっきり分かるでしょ。
最近ようやく傷が、隠れてきたなぁと思ったんですけど
やっぱ、遅い?

遅いと、実は甲状腺機能うんぬん・・・なのです。
5年ほど前にも、何かで疑われ血液検査をしてます。
その時は、異常無しでしたが
今度の春の健診で、それも追加で検査しようと言われました。

ライルさんは、何か一つ問題があると芋づる式に色々でるんですよねぇ~~
毎度の事なので、最近は落ち込みもありません。








そして、もう一つ。
首の付け根?肩?辺りに見つかったムーミンのニョロニョロのようなおできの
細胞病理検査の結果を、受け取りました。
一ヶ月前の話なんですけどね。
先生はメールで送ってくれたようなんですが
どーも、迷惑メール扱いになっていたようで、私気づかず。
また、、、いつものね。と思っていたんです。
悪いものなら電話が来るだろうしね。

で、結果。
もちろん、良性!心配無し!のものでした。
診断名は、『皮膚垂』

先生、「あんまり聞いた事ないなぁ」
ライルですから!変わったもんが出来るんです、きっと。





あっちも、こっちも『何?なんで?』が多い変わりもんのお犬様です、ライルさん。
[PR]
by lab-lyle | 2011-02-10 13:36 | 病気&病院の事 | Comments(4)

先は長い。

まったく、保証人のはんこ代がハッピータ〇ン一袋って・・・・・
軽いもんよね~
ほんと、あちらのご家族理解できないわ。



あ、すみません。
つい、、、あまりにも呆れてしまって。














気を取り直しまして、

昨日は、ライルさんの通院日。

待合室での、ライルさんの心境。
e0046305_874661.jpg

血液検査・尿検査をいたしました。





血液は、今までで最も正常値!
尿検査は、タンパク多。不純物?多。

血圧を下げたら、血液はな~んの問題も無くなりました! 凄い。
尿は、、、タンパクはやはり腎臓が原因と思われ
不純物は、?なんだよねぇ~
キレイに手を洗って、トイレシーツを新たにパッケージから
なるべく手を触れないように、端を持って取り出し
採尿時も、ライルさんが足を踏み入れてない事を確認してるのに
ゴミ?のような物が混じってる。
なので今度、病院近くを散歩し滅菌されている容器(ステンのお皿みたいの)で
直接キャッチし、即検査というふうにやってみる事になりました。
(転んでしっこかぶらないようにしないと!)
膀胱から採取、というのもありますが
そこまで・・・大問題ではありませんので
変な保護者と白い目で見られようと、頑張ってみようと思います。
心配していた結晶は、PH8でありながらなーし!良かった。
先生は、「石が出来なければ、結晶は出来ても気にしないで良い。」と
仰ってました。(結晶の種類にもよると思いますが。)



一応、検査でほぼ正常な状態なので
腎臓サポート食は、やめて普通のフードに変更OK!となりました。
サポート食を続けた方が、長生き・・・というのもあると思いますが
現在7歳のライルに必要な栄養が、満たされている訳ではないので
まだまだ先は長いから、基礎体作りを優先するという事でしょうかね。

味がどーのこーのなんて、ライルは文句言わないけど
フードの材料を見て、美味しそう!体に良さそう!というのを選んであげようと思います。

でも、『リン』は出来るだけ低い物なんだよねぇ。
これまた、難しいのよ。
ちゃんと記載されてないのがあるからね。調べないと。

またまた、フード探しの旅?
ちょっと気になってるのがあるから、それにしてみようか?
パソの画面と睨めっこだわ~






まったり、のほほ~~んのライちゃんのため!頑張らなくちゃー!
e0046305_874664.jpg

[PR]
by lab-lyle | 2011-01-13 08:07 | 病気&病院の事 | Comments(0)

午前中、ライルさんの病院へ血圧測定に行ってきました。






下がりました!血圧。
数回測りまして、上 150~160   下 90前後


今までこんな数値は、出た事無かった。
ってことは・・・やはり、高血圧だったんだぁ。
高血圧からの腎臓疾患。
でもね、先生は、「犬もこういう事があるのかなぁ?」
専門外のことなので、はっきり言えないようです。
大学病院へ行く予定のある内科の先生に、調べてくるようにお願いしてました。

いつも、?なのよねぇ~ライルさん。
ライルは、猫か?



今日は、ライルさんがいつも測っている血圧計のお写真を撮ってきました。
e0046305_13222473.jpg

チューブの先と、前足に巻いた帯(空気がブーっと入っていく)をつなげて測ります。
検査結果は、レシートのような紙に印字されて出てくる。
機会がありましたら、ぜひお試しを。










さて、お次は『何だ?これ?!』でございます。

あ、前回同様の、うんpコロリン事件ではありません。

私、診察を待つ間ライルさんを落ち着かせるように(血圧測るから)
ナデナデ、ワシュワシュしていたんです。
すると、毛とは違う感触のモノが指先に当たりました。

え?

何?

指を見ると、血!?

変な感触のあった所の毛をかき分けると!

えええええーーーーーっ 何だ?これ?!

気持ち悪い。

説明するのが難しいんですけど(驚きで、写真撮らず。)
ムーミンのニョロニョロのような、突起物。
長さ1cm弱、太さ2mmくらい。
その場所は、首の付け根というか肩というか、な位置。

先生に呼ばれて、診察室に入って即、コレ何?と質問。
何とか・・・って言ってたが、、、忘れた。
根元を糸で縛れば、そのうち取れるものでたぶん良性。
一応、細胞検査しとく?と言われたので、お願いしました。

脂肪取ったばかりなのに、またもデキモノなんて!
ライちゃんお願いだから、何事もなく居て頂戴!
心臓ドキドキでしたわ。

でも、3~4日で出来る物では無いので
まったく気が付かなかった私も、悪いんだけど。
ブラッシングも、引っ掛からなかったのよねぇ。
上から下に、毛並みに沿って撫でると分からないの。
ちょうど、タルタルしてる首だからねぇ。
ライルさんも、痒がるとか気にするとか無かったし。

はぁ~ 継続診療なのに新たな発見はコリゴリよ~~~






全てを終え、ホッとしているライルさん。
e0046305_13222432.jpg




来週は、血液検査と薬をもらいにまた通院です。
ついでに、尿検査もしてもらおうと思っております。
お仕事冬眠中も、なかなか気が休まりませんねぇ~~
[PR]
by lab-lyle | 2011-01-07 13:22 | 病気&病院の事 | Comments(2)

先々週の金曜日に、脂肪の塊を切除したライルさん。
本日、ようやく抜糸完了!致しました。
やっぱ、お若い皮膚じゃない無いから10日以上掛かっちゃいましたね。
(7歳だけどさぁ~)









そして、高血圧のお薬の事ですが、処方をお願いしました。
ついに、ドキドキの投薬開始です。

頂いたのは、コチラ。
e0046305_19482710.jpg

ACE阻害剤という種類のものです。
心臓・腎臓疾患などの治療に使われます。

ライルさんの場合、高血圧による慢性腎不全と思われるため
血圧を正常に下げるための、投薬です。
血圧が正常に戻っても、壊れた腎臓は治りませんけどね。
とりあえず、2週間分。
10日ほど経った時点で、血圧の確認の予定。
これで・・・・変化無かったら、高血圧じゃなくて、ただのビビリ高血圧!?
なんて、淡い期待をしている私。

血圧が正常値になっていたら、早く気がついて良かった!って事だけどね。

高血圧が続いて、失明・・・って事もあるそうなので
じい様の高血圧と、侮る無かれ!なのです。

ちょっと、こういう薬は初めてなので怖い。
血圧が下がりすぎて、ふらつきなどが出る事もあるようなので注意しないといけません。
年末年始休みに、病院も入るので不安ですが
何かあったら、玄関バンバン叩いて診てもらうつもりです。









今年、最後の通院で、幼馴染の太郎君に会いました。
というより、待ち合わせておりました。

太郎君、オデキらしきものが見つかったとかで来院。
妹分のみなみちゃんと、ご近所ワンのあたろう君も一緒です。

e0046305_20104577.jpg


一瞬、停止したところのお写真。
ライルさん、血圧ガンガン上がりっぱなしの興奮状態でして・・・・・・
本日の血圧測定は、止めておきました。。。

何しに、行ってんだか。。。な今年最後の通院でした。
[PR]
by lab-lyle | 2010-12-29 20:21 | 病気&病院の事 | Comments(6)

まだでしたぁ~&決断

ど~も~ 皆様楽しいウマウマな、クリスマスな時間過ごしですか?






さて、ライルさんの脂肪切除手術から一週間が過ぎましたので
本日、抜糸してもらおうかなぁ~と病院へ行ってきました。

が、

抜糸は、もう少し先の29日。という事になりました。
赤みは無くなりましたが、ちょっと腫れて中で炎症があるようなので延期。
筋肉も少しえぐってるので、時間が掛かるようです。



せっかく、病院に来たので血圧測定を行いました。
今日は、かなりリラックスして測定できたのに・・・上 190・下 93
高い。
毎回、上が180以上なのでやはり『高血圧』と思われる。
高血圧によって、腎臓機能に異常が出る。
もちろん、人間と同じように高血圧は、色々な病気の元にもなる。

1歳から、検査のたびにクレアチニン・BUNがちょいオーバーなライルさん。
尿検査をすれば、毎回のようにタンパク+
慢性腎不全・・・という事のようです。

ご存知のように、腎臓は壊れたら修復は出来ない臓器です。
大きく異常な症状が現れた時には、かなり厳しい。

少しでも進行を遅らせるために、食事療法などがありますが
高血圧は、腎臓にダメージを与えてしまうので、薬で下げる必要があります。
投薬は、一生です。(人と同じです。)
少しでも進行のスピードを緩められる。

以前から、何度か先生から投薬の話を伺ってましたが
本気で、考えなくてはいけないようです。
しかし、この年齢で薬で治療するというのはコチラの病院では無いらしい。
12歳の黒ラブの患犬さんは居るようですが、ライルは7歳。
犬よりも猫の方が、こういうのは多いようです。
薬を飲むには、早すぎる?

でも・・・・・
獣医さん用の、腎臓病などの手引き(国際的な腎臓学会のような所が作っている。
日本では腎臓の権威と言われてるA大のW先生が入ってる。)では
ライルの症状だと、薬は飲むべき状態。
先生は、「自分が保護者なら、薬を飲ませる。」と。

「じゃ、お願いします。」って即決出来なかったんだよなぁ。
ついに、その時が来たのか。
一生、薬漬けなのか。
色んな事、考えちゃってね。

手引書のコピーを頂き、抜糸の29日までに考えてくるように言われました。

これから、ネットで色々調べてみます。
たぶん、薬を選ぶと思うけど、自分でしっかり納得しないとね。






今日、病院でお花を頂きました~~ (全員貰ってました。)
クリスマスだから?年末だから?よくわかりませんが嬉しい!
e0046305_13583199.jpg

[PR]
by lab-lyle | 2010-12-25 14:03 | 病気&病院の事 | Comments(2)

手術の状況

今日も冬晴れーー気持ちいいライル地方です。







金曜日に、脂肪腫らしきものを切除したライルさんですが
順調に、何の問題も無く、回復しております。

まず、術痕。
見たくない?
ガーゼ付いてますから、それほど衝撃ではありませんので。
参考のためにどーぞ。



e0046305_12591960.jpg



この時期に、おしりにお毛が無いのはちょっと可哀想ですが仕方ないね。







切除手術ですが、
実は、私、立ち会いました。
15~30分位で終わるので、待合室にいる予定が
『ライルさんあやし・なだめ係』を仰せつかいましたの。(先生から)

以前も書きましたが、切除手術は局所麻酔で行いました。
通常だと当然、全身麻酔ではあるのですが
ライルさんは、優秀な患犬なので、大人しく処置出来るだろうという事らしい。
(気が弱くて、ビビッて動けない・・・のが実状)
ライルの体のためには、局所の方が良いんですけど
本当に、大丈夫なのか? はっきり言って不安でした。
手術中、大暴れして流血騒ぎや逃亡したりはしないか?
どーなるんだろう?とドキドキしながらの立会いでした。


ライルは、横向きに寝た状態で
私は、頭・顔を固定。
看護士?のお姉さんが、前足2本固定。
もう一人の看護士?のお姉さんが後ろ足2本固定。
先生、執刀。

手術の初めから、終りまで見学出来ました。
(毛をカットする所から、縫合まで。)

脂肪腫?は、やはり、無害な脂肪の塊でした。ほっ。
大きさは、2cmくらいかな。
ただ、筋肉・血管にへばり付いていたので
数年後、大きくなった状態で切除していたら、筋肉ごと切除する事になっていたかも!?
小さい内に切除して、正解!でした。


手術中、ちょっと笑えた事。
電気メス?のようなので、ジーーと焼き切ってる時
焦げ臭いような香り。
ライルさん、お鼻をクンクンさせてたんです。
まさか、自分のお肉が焼けてるなんて・・・・・思って無いんだろうなぁ~


手術が終わり、傷口を舐めないようエリカラ装着。
だったんですが、
「エリカラって壁が壊れるんですよねぇ」とポロッと言ったら
副院長先生(先生の奥様・もちろん獣医さん)が、カラータイプのを出してくれました。

でも・・・・・
サイズが、小さい。。。
何やら、ばたばた動いてその小さめのカラーを改造し始めました。
クリアファイルを半分に折って、それをカラーにつなげる様に包帯で固定。
出来上がったのは、コチラ。
e0046305_13371555.jpg

背中の黄色い紐(テープ)は、最大にしてクルッと胸一周で固定してます。


このカラータイプなら、エリカラよりストレスはかなり少ない。
回りも見えるし、普通に寝られる。
コレっていいかもね。


術後すぐに、歩いて帰宅。
手術前に抗生剤を注射したので、飲み薬もなし。
抜糸は、1週間~10日との事。
都合のいい時、行ってみる予定です。


散歩も、普通に歩けます。
痛そうにすることも無いし、傷を見ない限りな~んの変化もなし。
手術代なんですけど、、、まだ払ってないのでおいくらなのか?
オマケしてね~~院長せんせ!





まったり、日向でお昼寝中の今日のライルさんです。
e0046305_1353871.jpg

[PR]
by lab-lyle | 2010-12-20 13:57 | 病気&病院の事 | Comments(2)

切除完了!

e0046305_15465889.jpg

切除手術を終え帰宅しました。
ライちゃんよく頑張った!エライぞーーー!
[PR]
by lab-lyle | 2010-12-17 15:46 | 病気&病院の事 | Comments(6)

久々の通院。

今朝は、すんごい雨!でしたね~
それが、ウソのように晴れ12月だというの暑い!と思うライル地方です。



青空に、黄色が増してきた我が家裏のイチョウの木。
e0046305_15171395.jpg









さて、
お仕事が休みなり、気になっていたライルさんの事で
いつもの病院へ午前中、行ってきました。
久々の通院といっても、一ヶ月ちょっと空いただけですが。




本当は、もっと早く行けたんだけどね。
な~~んか行く気になれなくて。
このまま放置してても、いいか。
でも・・・ちゃんと診てもらった方が、いいか。
ずーーっと悩んでいたんです。
今朝も、「やっぱり、行かなくてもいいかなぁ。。。」とTV観てたりして。
でも、、、区切りをつける為にも行こ。と支度を始めて11時頃病院へ。



どうせ行くなら、尿検査もしてもらいたいので
出かける前に、ライルさんにトイレへ行ってもらい尿採取。



腎臓サポートの療法食に変えて、一ヶ月ほど経つので
はたして、尿はどーなっているのか!?
結晶は無し
タンパク、2+
PH8
上皮あり

良好とは言えないけど
便も普通なので、そのまま腎臓サポート続行。

先生が気になるのは、血圧・・・・・らしい。
前回、上が188 下が100超

慢性腎不全(確定はしてないが)的にみると、ステージ2 らしいライルさん。
血圧は、一つの目安のようです。

犬の血圧は、上160以上で高血圧。
180以上で、降圧薬の服用を勧めるらしい。

ライルさんの場合、180超え。
その前も、160以上。
薬を飲むか?
飲むなら、ずーーっと服用になる。
もう一度、今日血圧測定をしてみました。

これがねぇ。
なかなか上手く、測れないんです。
大型犬の方が、測りにくいらしいけど。
マッタリ伏せて落ち着いてる状態でも、エラーになったり
安定した数値が、なかなか取れないんです。
30分くらい測ったけど、イマイチ。
まあまあ安定しても、166でした。
今回薬の件は、見送りとなりました。

次回の通院の時、また測定予定。




で、次回なんですけど。




10月に流れた、脂肪腫切除手術を今月再予約しました。
17日の午後。
ただの脂肪腫だとは思うけど、やっぱり採ります。
延期になってから、これまた悩んだんです。

延期になったのは、切らなくてもいい腫瘍だからなんじゃないか?とか
あの時、採っておけば良かった、と後で思うんじゃないか?とか
余計な事してるのか?とか

はぁ。
悩みの種は、少ない方がいい。
エゴか?




まだ、時間はあるので気が変わったら止めます。








今日、病院へ行ったら
駐車場に、見かけない車発見。
病院の名前が入ってる、軽ワゴン車。
e0046305_15324476.jpg

スタッフの方に聞くと、往診や送迎に使うそうです。
トリミングなどの送迎もそうですが、寝たきり状態で保護者が連れて来られない時など
迎えに来て頂けたりするようです。
ほほぉーー。
ライルが寝たきりになっても、安心だわ。








でもさぁ、会計するのに待合に誰も居ないのに
20分待ち・・・・・・
先生ったら、会計の手続きするの忘れてましたの。
これ、改善して頂戴。

[PR]
by lab-lyle | 2010-12-03 15:42 | 病気&病院の事 | Comments(2)

よし、としましょう。

一週間のご無沙汰でした。
すっかり冬モード突入!なライル地方。
先週の木・金曜日のお外仕事は、寒かった~~~
手がつめたーーくなりました。
明日から、いよいよ11月!
早いわねぇ。
年賀状買いました?私はまだです。
来年の手帳は、10月早々に購入済みですけどね。







さて、さて、
先週の血液検査結果が、毎度お馴染みの異常値が出たライルさん。
水曜日に、尿検査をいつもより詳しく致しました。
昨日結果が出まして、腎糸球体には異常無し!と判明。
2年前にも同じ検査をしましたが、その時と同じ結果となりました。

んんん~~~~~~~~ん。
ライルの体は、理解不能。
もう、追加の検査は止めます。
先生となかなか直接会えてないのですが、(相変わらず、忙しい。)
毎度、追求しても答えの見えないライルさんなので、もういい。
疲れた。

とりあえず、ご飯を腎サポート系の療法食に変更してみます。
ただ、これまた厄介な事なんですけど
軟便続きで、セレクトプロテインの療法食を食べていたライルさん。
腎サポート系は、たんぱく質を抑えている分、脂肪でカロリーUPしています。
脂肪が多いと、軟便になりやすい。。。
以前、数週間腎サポート系は食べた事があるのですが
その時は、便に問題無しだったんだよねぇ。
今回、どーなるか?
今週中に2種類、届くと思うので、慎重に食べさせたいと思います。



そして、もう一つの問題。
先週急遽延期になった、脂肪腫の切除手術。
これは、仕事が一段落してからの12月にしようかなぁと思っています。
延ばした事で、命取りになったら大後悔・・・な話だけどね。
思わぬところに落とし穴を作るライルだけど、
たぶん・・・・絶対・・・・・・・・・大丈夫でしょう!




検査するたびに、何かと引っ掛かるライルさん。
私が、心配し過ぎなのか?
普通のコは、引っ掛からないのよね~?私からすると不思議~
1歳の健診から、毎回異常が出てるもんで・・・・・
「いつもの事だから。」で片付けて、後で後悔はしたくないしねぇ。
心配ばかりで、疲れちゃうっていうのも本音ではあるんだけど。

そういえば、ラブの保護団体に保護されていた子で、
お腹が弱くて医療費が掛かるからって
保護者自身が、保健所に連れて行った子を見かけました。
なんてこと!するのよ!
勝手過ぎるでしょ!
と、思ったのと同時にライルだったらとっくに処分されてる・・・と思った私です。
医療費ケチるなら、動物を家族にしちゃいけませんよねっ!






11月も、お仕事目白押し。
平日は3日間しか、お休みがありません。。。
冬眠まで、あと一息!
頑張りまーーーーす!
[PR]
by lab-lyle | 2010-10-31 15:57 | 病気&病院の事 | Comments(4)

忘れられ、そして・・・

ちょいご無沙汰でした~
今日も、行って参りましたライルさんの病院。
そうです、そうです!脂肪腫切除の日で、ございます。


でぇ~もぉ~
手術日までに、血液検査の結果が郵送されるはずでしたが来ない。
今朝電話で確認したところ、コメントが未記入のためまだ病院にありました。。。
院長先生、、、お忙しいようで。



結果なんですけど・・・・・・また異常がありました。
しかし、切除手術は予定通り行うという事で12時前にライルさんと病院へ。



ライルさんを預けてお別れかと思ったら、いつも通り受付、診察待ち。
順番が来て院長先生とまずは、血液検査結果についてお話。
ほぼ毎回引っ掛かる、腎臓系のクレアチン値がちょいオーバー。
昨年の12月の検査では、正常値だったのですけどねぇ。
それで、ご飯にお肉も混ぜてあげてもOKとなったのですが
それが、まずかったんでしょうか。
「腎臓用の療法食食べてなかったっけ?」と先生。
「今は、軟便対策でセレクトプロテインの療法食食べてます。」と私。
「あ、そっかぁ。」

先生がいっぱいサンプルくれたんですけどね。
たくさんの患者さんがいますから、憶えてないんでしょうね。

で、これに対してどう対処するか?のご相談開始。
こう続くと、やはり腎臓系のどこかに問題があるのかもなので
まずは、やはり、尿検査。
腎糸球体に異常が無いかを、次回詳しく検査することとなりました。
あとは、血圧測定。
高いのよねぇライルさん。
2年前にもやったけど、今日も高かった。。。
上が190台で、下が100超え。
人間なら、倒れてる?

色々お話して、さぁライルさんとお別れだわぁと思っていたら
先生、普通に診察終了。
「あのぉーーー、今日は脂肪腫の切除手術なんですけど。」
「あ、そーだっけ!?」



忘れてましたのよ、先生。
そんな気に掛けるほどの脂肪腫じゃないから、忘れられてるのよね。
と、良い様に解釈しましょう。
(私って心が広いわぁ。)



ライルを12時半ごろ預けて、帰宅。
手術に、立ち会おうかとも思ったのですが
局所麻酔なので、私に甘えて暴れたりすると困るので止めておきました。
2時ごろ、家の電話鳴りました。

何か、あった!?
ドキドキで電話に出ると・・・・・・・・
なんと!手術延期の連絡でした!
生死を分ける緊急の手術(子宮蓄膿症らしいです)が、入ったので
ご飯も抜いてない元気なライルさんは、帰宅となりました。




いざ!と気合入れて手術日を迎えたのですが、拍子抜け。
ま、重病じゃないからね。
手術日は、また次回行った時に再度決めて参ります。

電話の後、すぐにライルさんをお迎えに。
病院のケージ室?から、出てきたライルさん。
尻尾ブンブンで、飛んでくるかと思ったら、私の顔見てピタッと止まり睨みましたわ。
その後、飛んできてくれましたけどね。
帰りの車の中で、「ライちゃん怒ってるのぉ~?」って言ったら
伏せた状態で、ジロッと見ただけでした。。。 ごめんよぉ~~~
家に着いても、ふてくされてます。
e0046305_1605187.jpg



次回は、尿検査と血圧測定の予定。
手術は、11月の半ば過ぎになっちゃうかなぁ。
思い切って切除しよう!と決めたのに、延び延びになると止めたくなっちゃうよねぇ。
尿検査も、これから続くのかなぁ~
いつも、結局よく判らないままなんとなく終了になるしねぇ。
腎臓病用の療法食に変えて、様子見ってことになるのかなぁ。
たんぱく質もまた、制限しないといけないねぇ。

病の種さん、あるんだったらちゃんと姿を現して頂戴な!
[PR]
by lab-lyle | 2010-10-23 16:13 | 病気&病院の事 | Comments(4)


イエローラブのライルと母ひろぽんのまったりどたばたな日常をちょこちょこと・・・