<   2009年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧

手術を終えて

世の中、GWということであちこち渋滞やら
お遊びの話題がいっぱいですね~

でも、我が家はどーこにもお出かけ予定は、例年のごとくありません。
にーちゃんは4日から、嬬恋方面で合宿がありますけどね。
ライルさんの抜糸が終わっていませんので、当然といえば当然。








さて、ライルが退院して早3日。
まだ、ぎこちない歩き方ではありますが、元気です!



ですが、少しの段差でも、要注意。
階段はもちろん、ソファの昇降も禁物です。
しかしねぇ、ライルさんソファでまったりするのが通常でしたから
そこに、上らないようにするには大変です。
ソファの前に障害物を置き、座面も物を置いてますが
「ダメ!」といえば乗らないのですが、目を離すとこっそり隙間から乗ってしまう。。。
降りる時が、一番足に良くないので抱えて下ろそうとすると慌てて飛び降りる。
当然、痛いそうに歩きます。
部屋にちょっとでも一人になる時は、ケージで過ごしてもらっています。



散歩は、一日2~3回、1回5分ほど庭をクルッと歩くだけです。
3週間はこのような感じになると、思います。
来月半ばに、検診があるのでそれ以降運動は増やせると思います。



手術を終えて、ライルはまだ歩き方がぎこちなく
本当にやって良かったのか?と思いますが
関節中の骨片は除去されて、その痛みは無くなったはず。
でも、肘の異形成は変わりありません。
今後、骨関節症が悪化しないように気をつけなければなりません。




ライルのような状態、遺伝とも言われてますが
先生によりますと、パピー時の栄養や環境に寄ってもなるとの事で
必ずしもそうとは言えず、『原因不明』との事です。


ライルは家に来て、1週間食事・水分を取ってくれず、病院へ行きました。
点滴したり、療法食を食べたりで復活しました。
その後、2~4ヶ月で急激に成長しました。
それが、骨の成長に異常をもたらしたのではないかと、私は思っています。
ちなみに、ラブの発症率は15%と検索していた時見ました。








あと、気なるのは費用ですよね?
気にならない?
我が子のためなら、いくら掛かっても!と思うのは親心ですが
実際問題、とてつもない費用だったら・・・・・・ですよね。


このような手術は一生に一度だって、受けたくはありませんが
もし!?そうなった時に知っていても損はないと思います。


私は以前、頚椎に異常ありかもと言われた時、
いつもの病院で、もし手術となった場合福沢さんが何人くらい必要なのか
聞いていたので、それほどぶっ飛び驚きはしませんでした。

が、

実際、手術前に予定費用を言われて 「やっぱり、そんな掛かるんだ。。。」と実感しました。



術後、予定の関節鏡手術(傷が小さく済みます)では、骨片除去は難しく
開いたので、オーバーでした。
(2月から、高額精密検査で金銭感覚麻痺してますけどねぇ~)



さて!問題です!  福沢さんは何人だっ!?







































58人と野口さん5人ほど。  でしたぁーーーーーーーーーーーーーー!

ちょっと衝撃?大した事ない?
皆さん、一応準備は怠り無くねっ!










では、お次。
ライルの手術跡、一応お見せいたします。
苦手な方は、コレ以降御覧にならないように。





































抜糸済みの、左肘です。10cmほど。

e0046305_814793.jpg


退院の27日に抜糸完了。










そして、未だ糸付きフランケン状態の右肘です。同じく10cmほど。
徐々に赤みが引いてる気がします。

e0046305_81681.jpg


右の抜糸は、いつもの病院で行う予定です。







傷の位置は、内側なので、立つと丁度胸で隠れてしまいます。
座ると、覗けば見えます。
遠くから見ると、毛を刈っているのもイエローさんなので分かり難いかもです。
e0046305_8592837.jpg


  ↑別に痛みを堪えてる訳ではありません。いつものライルさんです。

手術時、どんな体制で行ったのか?
今度、聞いてみよ。
[PR]
by lab-lyle | 2009-04-30 09:02 | 病気&病院の事 | Comments(14)

おかえり!

ライルさん、無事退院しました!
たくさんの皆様の応援、深く深く感謝しています。
ありがとうございました。





e0046305_16334483.jpg






両前足のツルンツルンが、ライルさんの頑張りを表してます。
よく頑張ったね、ライちゃん。


3週間ほど安静ですが、精神的にはかなり楽になったはずです。
今も、ケージでぐっすり寝ています。


私、明日は一日仕事なのでお留守番時は当分ケージの中。
退院早々、ごめんね。


手術詳細など、後日UP致します。




皆様、本当にありがとうございました。
[PR]
by lab-lyle | 2009-04-27 16:38 | 病気&病院の事 | Comments(34)

明日!

『明日』ってお題ですけど、まだ午前5時前・・・・・待ち遠しい。







主を待っている、カラー&リード
e0046305_4461094.jpg


入院する時、病院のカラー&リードに付け替えるんです。
長い入院で、失くしたり汚したりしてしまうので。
3cm幅位の皮のごっついベルト式カラーを付けた時、胸がキュンとしちゃいました。
「やっぱり、手術止めます。」って言いそうだった。
術後は、布製のハーネスしてました。
待ってるよぉーーーライル!








明日の退院は、午後の予定。
午前中お仕事なんですよねぇ。。。。。
手術で、キャンセルしたのでもうこれ以上は、断れませんでした。
終わり次第、即行で福沢さん大勢連れて行ってきます!










入院前日のライルさん。
いい笑顔でしょう~~~~~~~~
こんな風に、笑ってくれるかなぁ。
e0046305_455264.jpg

[PR]
by lab-lyle | 2009-04-26 04:56 | ライルの事 | Comments(8)

やっぱり・・・

昨日のライルさんとの面会、やっぱり・・・会いませんでした。
私の張り詰めた気持ちも、徐々に切れつつある今日この頃。
昨夜の『ポチたま』の、秋田犬と柴犬見て
全然悲しい場面ではないのに、ポロポロ涙が出てしまいました。
だいすけ君では、泣かなかったんですけどね。







昨日モニター面会で、ライル姿を見て、ウル。


自分のケージに人が近づくと、尻尾は下向きだけど振っている。
遠ざかると、ピタッと止まる。
シュンとした表情が、なんとも言えませんでした。


声を掛けて欲しいんだよねぇ。
かまって欲しいんだよねぇ。
撫でて欲しいんだよねぇ。


病院だから、むやみにスタッフの方は触れたりしませんものねぇ。


ここで私が会いに行ったら、きっと喜んでくれると思いましたが、止めました。
あと2日。
ライル、頑張れ!耐えてくれーーー!











そんな私を励ますべく、牛くんが先日遊びに来てくれました。
プニュプニュの牛くん、全身毛が生えておりませんが、それなりに癒されます。


いい物がある!



コレコレ!  





e0046305_8234756.jpg


ライルさんが、使用を拒否されたマル!
ピッタリじゃん!

妹に、「上げるよ~」と言ったら、拒否されました。  丁度いいのにねぇ~







そして、そして、
ライルの代わりに、被り物もお願いしてみました。
私の癒しは、コレだわよねぇ~~~~~





牛く~~ん、笑って笑ってぇーーーーーー!
ムスッとしちゃダメよぉ~





お気に召さないかしら?
これまた、ピッタリなのに。



e0046305_8283070.jpg




なかなか、ライルさんの代わりって難しい。。。
多少癒されましたが、ライルの代わりは居ない・・・・・
[PR]
by lab-lyle | 2009-04-25 08:31 | ライルの事 | Comments(8)

恋しいねぇ。

ライルさん、今何してるかなぁ。
ご飯食べたかなぁ。
痛くないかなぁ。
怖い思いしてないかなぁ。


仕事をしている時は、頭の片隅に置いてますが
ふと、家に一人で居たり、通勤途中に朝散歩してるワンを見かけたりすると思い出します。
2週間は、本当に長い。
私は、モニターでライルの姿を確認していますが
ライルは、どう思ってるでしょう。
早く、ぎゅーっとしたいです。














そんな気持ちが、ここ数日どんどこ込み上げてきますが
昨日のお仕事先で、可愛い?もの見つけちゃいました。
仕事先は・・・例のとこ。(おさつ)
売店で、新作は無いかなぁ~と見ていると、発見!





e0046305_837069.jpg






何か分かりますか?
キューピーちゃんですよね。
でも、何か着ぐるみ着てます。
犬・・・・・・シェパード!?





そうです!そうです!
警察犬キューピーちゃん!(こんなのアリか?)


鑑識やら、機動隊やら、マニアックなのも揃っておりました。
警察犬は、ラブも居ますからぜひ!製作して頂きたいです!
















今日も午後、ライルさんとモニター面会してきます。
会ってあげた方がいいのかなぁ。
ストレスもかなり限界にきてるとは、思うけど。
まだ、帰れないしねぇ。

でもこの前の日曜日に、入院中の大型犬が突然『胃捻転』を起こしたそうです。
緊急処置(たぶんオペ)で、助かったそうです。
確実な原因は解っていませんが、おそらくストレス。
入院1週間くらいが、起こしやすいそうです。
食後に運動なんて、病院でさせる訳ないですからね。
ライルもソレは、十分に配慮して看ていると、先生は仰ってました。

面会後のバイバイで、更にストレスが掛かるよね~?
会わないストレスと、どっちがいいんでしょう。
一昨日も、「会っていきますか?」と聞かれたのよね。
先生にどっちがいいか?聞いてみましょうか。
[PR]
by lab-lyle | 2009-04-24 08:54 | ライルの事 | Comments(6)

立ってます

e0046305_1935366.jpg

たくさんの皆様の暖かいお言葉、感謝致します。
ありがとうございます!

昨日今日明日とお仕事が続き、ヘロヘロではありますが元気頂いてます。
今日の午後仕事帰りに、ライルさんとモニター面会してきました。
両肘の手術……立てるのか?
立ってましたぁー!普通。経過は順調です!
[PR]
by lab-lyle | 2009-04-22 19:35 | 病気&病院の事 | Comments(12)

無事終了。

e0046305_1814311.jpg

ライルの右肘手術、無事終わりました。
ICUでお休み中。
包帯が痛々しいですけどね。。。
[PR]
by lab-lyle | 2009-04-20 18:14 | 病気&病院の事 | Comments(34)

ありがとう!

昨日は、嬉しいことが二つありました。






一つは、ワン友のゆかさんが遊びに来てくれました。
今回は、太郎君・みなみちゃん兄妹はお留守番で、ゆかさんお一人で。
ワンに触ってしまうと、泣けてきそうなので・・・・・そうして頂きました。
ごめんね~たろみんさん。


ゆかさんから、元気パワーを頂きました。
私の大好きなお花と、手作りケーキ。
e0046305_6513918.jpg


元気の出るビタミンカラーのお花。
そして手作りの栗のパウンドケーキ。
ありがとう。ゆかさん
本当にありがとう。
ライルの事はもちろん、私の事まで心配して頂き嬉しいです。
明日の、手術中の時間も頑張って耐えられそうです。








そして、もう一つ。
ゆかさんが家に到着するちょっと前、ポストを覗くと茶色い封筒が届いてました。
何のお手紙?と差出人を見ると、ワン友のまっちさんからでした。
封を開けると、可愛いワンの起き上がりこぼしと、エルちゃんのメッセージカード。
e0046305_715100.jpg


何度でも起き上がるワンコさん。
ライルも色々つまずく事が多かったけど、
今回はちょっとグラッと倒れるくらいな出来事だもんねぇ~
でも!ちゃんと起き上がりますよね!
ありがとう。まっちっち~~
本当にありがとう。
明日また、ライルはグラッと倒れちゃうけど
コロッと起き上がります!












先週の金曜日、またもライルさんとモニター面会してきました。
(土日祝は、面会できません)
ちょっと眠そうなライルでしたが
包帯も取れて、順調に回復しています。
抜糸は、10日後ぐらいなので今週中に左肘は取れる予定です。
1歳位の時より、5歳の方がくっ付くのにやや時間が掛かるそうです。
歳を取った・・・・・・ってことなのねぇ。。。


血尿の方は、金曜の段階でまだ続いていて
検査した所、結晶あり・移行上皮少々。
止血剤と抗生剤を飲んでいました。
膀胱のエコーも撮りました。
少し炎症が見られましたが、心配するほどではないそうです。
手術時の導尿が原因かも?と。
また明日やるんだよねぇ。慎重にお願いしたいものです。


術前の血液検査も、金曜日やっていて
腎臓には影響がありませんでしたが、
肝臓のデータがちょっと高い。
やはり麻酔により、ダメージがあったようです。
手術を中止するほどではないので、予定通り行います。
明日の手術で、当然麻酔を掛けるので
さらに悪化する事も考えられますが、その場合投薬を行うとのことです。


検査時の麻酔と、手術時の麻酔は深さが違うので
体にダメージはあると思っていましたが、ちょっとショック。
もっと歳を取っていたら、かなり負荷が掛かるということが理解できます。







いよいよ、明日右肘の手術です。
これで、終り。
終わってください。
もう二度と嫌です。


手術開始は、前回と同じ午後から。
終了も、前回同様ということです。

ライちゃん、頑張れ!
みんな応援してくれてるからね!大丈夫!
[PR]
by lab-lyle | 2009-04-19 07:32 | ライルの事 | Comments(12)

不安一つ解消

今日は、ライルに会いに行ってきましたー!
もう、家に帰ってるの!?な感じですけど。







実は、手術翌日に面会に行ったら・・・・・・・

朝ICUから出て、入院室のケージに入ると
ずーーっと「ワンワン」して落ち着きが無かったため
別部屋に、移動させられていたライルさん。

内視鏡室に、一人で毛布を敷いて点滴して
リードに繋がれておりました。。。
部屋の入り口には、
『ライルがいます。そうっとドアを開けてください。飛び出す事があります』
と張り紙がしてありました。



そーーっと覗いて帰るつもりだったんですけど
気づいちゃったんです、ライルさん。
大きなエリカラ着けて、ノソ~っと振り向いちゃった。
顔を見られるのは嬉しいけど、辛いでしょうやっぱり。

興奮して立ち上がって、点滴は外れちゃうし
部屋の外に出ようと、必死でした。
「ライちゃんおりこうさんだねぇ。でもまだ帰れないんだよぉ。」
手術した左足は、力が入らないので浮かしていました。。。

エリカラに囲われた顔を、撫でてあげるとじーっとしてる。
あまりにも、切なくて痛々しくて・・・・・・涙が出なかった。
ここで泣いたら、ライルが可哀想な気がして。

帰り、エレベーターのドアが閉まる時
「ワンワン ワンワン」
部屋から顔を出して、泣いてる。
「ゴメン、ライル。」

行かなければ良かった。。。

この状態が続いた場合、早めに退院させるかも、と入院中の担当の先生に言われました。






そして、今日!ライルはいったいどーしているのか!?
もしかして、まだ隔離中?一時退院?とか思っていたので
気を引き締めて、面会に行ったのです。

「入院室に、入ってます。」と先生

はぁ~~~~良かった。
ようやく納得して頂けたようです、ライルさん。
まだちょっと、人やワンが近づくと落ち着かないようですが
慣れてきたようです。
まず、モニターで面会。

e0046305_161747.jpg


エリカラは、一回り小さくなり
ご飯もお水も、このまま摂取できます。
大型犬用のケージ、結構広いんです。
人が余裕で寝られる広さ。
持って行ったライルのお布団も十分敷けます。(奥に敷いてありました)

術後の経過も順調。腫れも無くなり良い状態のようです。
食欲もあり、お散歩もしているそうです。
血尿がちょっと出ているとの事で、検査の予定がありますが
ケージの中で、まったりしているライルを見てホッ。
良かった。

モニターで見た後、「一緒にお散歩してもいいですよ。」と先生が仰いました。

お断り、しました。
だって・・・・・まだ帰れる訳じゃないですもん。
やっと落ち着いたのに、また興奮してバイバイじゃ・・・・・・ね。






一時間掛けて病院に行って、10分ほどのモニターのみでしたが
今日は、行って良かった。安心しました。

明日もこっそりモニターチェック!しちゃお。


ライちゃん、もう少し!頑張るのよーーーーーーーーーーー!
[PR]
by lab-lyle | 2009-04-16 16:15 | 病気&病院の事 | Comments(22)

術後の様子

昨日は、たくさんの皆さんにコメントやメールを頂き
本当に、本当に、心強く支えになり、
待っている時間も耐えられました。嬉しかったです。
ブログをやっていて、良かった。
家族だけで、乗り越えるのは辛いです、きっと。







昨日のライルさんですが、
病院へ向かう車の中で、いつもは大人しくバリケンに伏せているのですが
移動中ほぼずーーっと、座ったままで「キュンキュン ヒンヒン」言っておりました。
ご飯抜きで、車で移動 = 嫌な思いをする病院、と察知したのかもしれません。



術前の検査に連れて行かれる時は、座り込み拒否。
「ライちゃん、頑張る!頑張る!」と声をかけて、「行ってらっしゃい。」しました。
検査待機中は、ずーーーっとケージの中で「ワンワン」しっぱなしだったそうです。
ケージの外に出すと、大人しかったそうですが
「ケージは嫌いですか?」と聞かれてしまいました。
今まで、そういう事は無かったと思うのですが、
ビビリライルさんですから、不安でいっぱいだったのでしょう。



手術は、たぶん2~3時間。
(細かい時間は聞くのを忘れました)
夕方6時過ぎに、電話があり病院の駐車場で待機していたので
すぐに、先生の説明を受けられました。
手術内容は、予定通り左肘の骨片除去。
摘出した骨片・石灰化した物を、見せていただきました。

e0046305_8255622.jpg




説明後、覚醒中ではありますが
ICUに移動したライルさんを、モニターで確認。
ドアの影から、こっそり見なくてもいいんですねぇ。
気配を感じるのに、会えないのはお互い辛いですもの。。。




動いているライルを見て、ホッ。
目が開いてる!動いてる!
たくさんの管を着けて、グッタリしているライルだったら
泣いてしまったかも・・・ですが、ボーっとはしているものの元気そうです。
思わず、写真撮らせて頂きました。(ブロガー魂?)
e0046305_8405613.jpg


スタッフの方が、落ち着かせるために撫でてくれています。
首の後ろ辺りの丸ハゲ・・・・・これは痛み止めのシールを貼ってるんです。
点滴より、ワンには負担にならないですよねぇ。




次は、来週の月曜日20日
右肘の手術です。
長いなぁ。




術前の先生からの説明で
特に大型犬が、長期の入院・手術などのストレスにより
胃拡張胃捻転を起こす事があると、聞きました。
総入院数の1%も満たない頭数ですが、年5頭ほどいるそうです。
致死率50%以上。

可能性のある事は、全て説明しなければならないですからね、病院は。
そうならないよう、入院中も注意してくださるそうです。





今日も午後、ライルに会いに行ってきます。
たぶん、モニターだけだと思いますが
今日から、普通の入院室に移る予定です。
昨日より、元気になってるかなぁ。
あまり、ワンワンするようだと隔離入院コーナーに移されちゃうそうなので
良い子にしている事を、祈っております。









明日は、一日お仕事なので
コメントのお返しが遅れると思います。ご了承ください。
[PR]
by lab-lyle | 2009-04-14 09:03 | 病気&病院の事 | Comments(30)