カテゴリ:病気&病院の事( 241 )

それぞれなのね

昼過ぎ、ライルさんの膀胱洗浄のため病院へ行って来ました。
今までやって頂いてた先生とは、違う先生が処置。
ちょっと、手際が…………
うぅ~~ん。
どーだろ?
e0046305_16050150.jpg

獣医全てが同じように出来るとは思って無いけど
ライルに出来るだけ負担にならないようにしたいのよね。
カテーテル抜いたら、ピンク色の液体が出てきました。
異物を膀胱まで入れる訳だからねぇ
多少、傷も出来る?

あまり気の進まない、膀胱洗浄。
腎臓のためにやってるけど、本当に良いんだろうか?






[PR]
by lab-lyle | 2017-07-16 15:55 | 病気&病院の事 | Comments(0)

オゾン水洗浄

今週のお仕事、やっと終わりました。
はぁ。
過去最悪の出来でした。
やだぁーーー!もうっ!と、
投げたしたくなるほど。
今月は、多忙期なのに立ち直れるか?


そんなドンヨリブルーな気持ちでも
ライルさんの病院へ、今日も行って来ました。

PHコントロールフードを食べて1ヶ月ほど経ったので、
PHチェック!

まさかの、PH8 !
潜血・タンパク 有り。
全然コントロールされてないようです。
7:3くらいの割合で100%療法食じゃないけど
多飲多尿で、尿は薄まってます。
膀胱の収縮を助ける薬は、その排尿量に対応出来てない感じ。
薬は、終了となりました。

でぇ、
このままこんな状態だと、
腎盂腎炎や腎不全になりかねない。
e0046305_11455957.jpg


仕方ない。
膀胱洗浄、受け入れました。
膀胱に常に残っている尿と、
堆積ている?結晶をキレイにしてあげないといけない訳です。
週一でオゾン水を使って膀胱洗浄してもらいます。
それプラス、後ろ足がドンドン衰えてきてるので鍼灸治療も復活。

歩けなくなるのが先か?
腎臓がやられるのが先か?と言われたら
出来ることをやってみます。
ライルさん、頑張りましょう!


院長先生から
病院で一時預かり中のグレートデンさん
里親募集中!!!
(以前ブログにもお写真載せましたが)
女の子、2~3才、避妊手術済み
グレデンさんにしては、小柄かな。
e0046305_11460161.jpg

とても良いコです。
細かいしつけはまだですが、お座り出来ます。
破壊力は、それなりだそうです。



[PR]
by lab-lyle | 2017-07-08 11:16 | 病気&病院の事 | Comments(0)

新たなお薬

午前中ライルさんの病院へ行って
新しいお薬をもらってきました。
膀胱の収縮を助ける薬。
e0046305_13043908.jpg

でも、これで膀胱内の尿が残らなくなるのかなぁ?
吹けば飛ぶような量の粉薬です。
一日三回。
仕事の時の昼の投薬は、妹に頼まないとねぇ。
さっきクッキーにまぶしてみたけど、
鼻息でちょっと飛んじゃいました。
ヨーグルトとか、缶詰ご飯系に混ぜないと
ちゃんと飲めないかもです。

薬が新たに加わったので、例のピロキシカムはお休みです。
増えたり減ったり忙しいわねぇ


遺伝子変異検査の結果も頂きました。
e0046305_13111154.jpg

東京大学動物医療センター遺伝子検査部が
関わってる検査機関なんです。
ライルさんて、ほんとに色んな事経験させてくれるわよねぇ~


【追記】
今日は、都議会議員選挙。
誰に入れても…………大して変わりはしないけどねぇ。
私、先週市役所で期日前投票済ませました。
日曜日は色々と忙しいのでね。
一応考えて…………
高校の後輩に入れてあげました。
『悪』な雰囲気は感じ無かったし。
政策は、なるようにしかならないしね。
オリンピックも!豊洲築地問題も!
都合の良いようにしかならないわよね。
誰の都合かは……………………ですけどね。


あら。
ふじいくん、ついに敗れたり!
そうかぁ。
残念です。
対戦相手のかた、前もってずいぶんリサーチしてましたよねぇ。
どんなことしても勝ちたかったんでしょうね。






[PR]
by lab-lyle | 2017-07-02 12:53 | 病気&病院の事 | Comments(0)

遺伝子変異みられず

はぁ。
やっと結果の連絡が先ほどありました。

BRAF遺伝子変異検査の結果
膀胱移行上皮癌による、遺伝子変異みられず。
癌でも、遺伝子変異しないことも有るらしいので、
100%では無いけど、一応陰性となりました。

じゃ、腫瘍マーカー『陽性』の結果は?
『疑陽性』だろうと。
炎症を起こしていても、陽性になることがあるので
そういう事なのかなあ。
一応、膀胱炎が治まってからの検査だったけど………
そういう事もあるのね。

ひと安心。

ですが、
膀胱がちゃんと収縮してないということで
膀胱内に尿が常に残っている状態なので
空にしてあげないといけない。
結晶もザクザクだし。

カテーテルで排尿・洗浄は、いまだにかさぶたのようなモノを
排出しているライルさんなので、やりたくないと先生に伝えました。
圧迫排尿で、全部出す方法も有りか?投薬か?

まず、投薬(膀胱の収縮を助ける)してみる事になりました。

どうなるか?

次々、色んなことあるねぇ。
とりあえず、命にかかわる状態では無いのでヨシです。
このセリフ、過去何度言った事か。。。
さすが!ライルさんですね。
一筋縄ではいきません。
e0046305_19555172.jpg



ふと、思いましたが
腫瘍マーカー陽性で、エコーで異常があって
『膀胱移行上皮癌』ってことで癌治療してるワンコさん
居るんじゃない?
遺伝子変異検査まであまりしないよね?
日々進歩している獣医療だからねぇ。
ちょっと前なら、そういう事も有ったでしょうね。
その結果…………どうなのかなぁ?

ライルも陽性ってことで、抗がん剤使ってたら
どうだったんだろうか?








[PR]
by lab-lyle | 2017-07-01 19:32 | 病気&病院の事 | Comments(0)

白い影が…………!

消えてた!

まじですか?
今までの心労はいったい…………。

でも、遺伝子変異検査は一応やります。
そこで変異が有れば、やっぱり膀胱移行上皮癌。
ライちゃん、お願い!
変異させてないで頂戴!!
祈るのみ!です。
とりあえず、ひと安心。


じゃないのが、ライルさんです。


膀胱がマヒしてると。
しかも、ストラバイト結晶が尿道にも膀胱にもジャリジャリ有る。
ずーっと漏水状態で、常に膀胱に残ってる。

出来れば毎日カテーテルで排尿洗浄が望ましいと。
家で私がやってもいいらしいのですが、
ムリ!
どうやるのか見せて頂きましたが、滅菌の管を
20センチ以上挿入しないといけない。
そこでキズつけちゃったりしたら炎症起こしかねません。
病院通います。
でも、毎日はムリなので最低でも週1回かなぁ。

あぁぁぁ。
さすがライルさんです。
一筋縄ではいかないのですね。

有る意味、ライちゃんはスゴいです。



今日病院で、色々訳ありのグレートデンさんが居ました。
e0046305_19064434.jpg

ライルを見ても吠えたり威嚇したりしません。
大人しいヨイコです。
病院で一時預かり中?
なかなか落ち着き先が決まらないようです。
早く新しい家族が見つかると良いね。




[PR]
by lab-lyle | 2017-06-22 18:49 | 病気&病院の事 | Comments(2)

とりあえず検査してみる

ライルが『癌』だって、今日ライ父に言いました。
何でもすぐ大騒ぎするから言って無かったのよね。

通常の抗がん剤使うか?分子標的薬使うか?
聞いてみました。
分子標的薬適用ならソレを使ってみても良いんじゃないかと。

どの程度進行してるかまだ確定してないので、
それを確認してから…………かなぁ。
すでに末期なら、現状維持かなぁ。
ピロキシカムだけで、どの程度進行を遅らせられるか?

13歳6ヶ月。
大型犬としては、長生きしてる。

現状維持で、良いかなぁと思っているけど
初期なら癌消滅もあるのか?

悪性腫瘍の中で、膀胱移行上皮癌って1%なんですよね。
ライちゃんらしいわね。
e0046305_20340859.jpg

どちらにしても、ライルが穏やかに過ごす事だけを優先します。

明日、エコー検査と尿採集&検査。
やってみます。








[PR]
by lab-lyle | 2017-06-21 20:16 | 病気&病院の事 | Comments(2)

どうしたら良い?

悩んでます。

たぶん、ライルは膀胱移行上皮癌だと思われます。
現在ピロキシカム投薬中。
更に、抗がん剤をするべきか?
もちろん!いつまでもライルと一緒にいたい!
のは当たり前のことですけどね。

今度受ける予定の遺伝子変異検査で、
異変が認められたら分子標的薬(抗がん剤)も投薬可能。

ライちゃん、どうしたい?
e0046305_19343647.jpg

癌でも、遺伝子変異がみられない事もある。
その場合、腫瘍マーカーを信じるしかないのよね。

陽性 だったからやっぱりそういう事?

延命のために抗がん剤を投薬して
副作用に苦しむ姿は見たくない。

ライルが苦痛も痛みも無く
穏やかに過ごすためには、どうしたら良いんだろうか?

何かの間違いだったぁー!ってなればいいなぁ……










[PR]
by lab-lyle | 2017-06-19 19:18 | 病気&病院の事 | Comments(0)

分子標的薬

今日はライルさんの月に一度の通院日。
先月から何度も行ってますけど…………ね。
いつもの肝臓と血圧の薬と、
腫瘍のためのピロキシカムと胃薬を貰いました。

ピロキシカムはそもそも鎮痛消炎剤なので
胃薬も併用なのです。
幸い2週間投薬しましたが異常無し。
今回、用量を増やしました。


来週エコー検査とカテーテル採尿します。
今日の先生のお話で、ここで採尿した検体を
『BRAF遺伝子変異解析検査』やってみようか?と。

は?
遺伝子変異?

膀胱移行上皮癌が存在した場合、遺伝子に変異がみられるらしい。
それが発見されたら、癌が決定的。
確定ならば『分子標的薬』が使えるかも?だそうです。

分子標的薬は、抗がん剤なのですが
癌細胞のみをやっつけてくれて、副作用がほぼ無い。
数年前に獣医療で始まった治療法のようです。
肥満細胞腫に効果があると。
膀胱移行上皮癌にそれが使えるとは、
ちょっとネットで見る限り無いんだけど。
最新の薬が出たのか?

でもね、その治療が始まった当時の費用は
数十万~数百万円 !!!と!
現在はどうなのか分かりませんけど。

先生は、個人輸入すればかなり安く買えると仰る。
e0046305_13492462.jpg

もし、ライルさんの腫瘍に効果があって
キレイさっぱり癌細胞が無くなるなら、、、
どーだろ?
やるか?
膀胱癌は無くなったけど、他の病気になる可能性は大だよねぇ。
13歳だからなぁ。。。

転移してたら?
他の部位の癌には効果無いんだろうし。

来週もうちょっと話をしないといけませんね。
先生は何とか手術以外で、改善される方法を
探してくれてるようです。
手術しても…………治る訳じゃないけど。


ライルさんの体重増えてましたぁー!
28.5㎏!
今までのふーど量+お肉や魚のトッピング多めだもんね。
これで痩せちゃってたらどーしよーかと思ったわ。

夕方、鍼灸治療とレーザーの予定でしたが
レーザーは腫瘍を増殖させてしまうとの事で
予約キャンセルしました。












[PR]
by lab-lyle | 2017-06-16 13:11 | 病気&病院の事 | Comments(0)

オゾンガス注入

今日は、ライルさんの鍼灸治療に行って来ました。
鍼して、お灸して、そして!
今回、オゾンガス注入治療をやってみました。
人間でこの治療して大腸癌が消えたとか…………
それでライルさんの癌らしきものが
消えるかどうかはわかりませんが、
薬だけに頼るのもどうかなので、
試しにやっていただきましたました。
その結果は、いつ出るのかは分かりませんけどね。
e0046305_19351083.jpg

で、
オゾンガスですがどこから注入かというと、
肛門!
鍼灸しながらお尻から注入。
ライルさん、それほど反応しませんでした。
ライちゃんて、ほんと!良い子だわぁ。
どーかなぁ?効くといいなぁ。

膀胱に紅豆杉というお茶をカテーテルで注入という治療も
考えましたが、カテーテルで注入って…………
毎回可哀想だし、病院でないと出来ない。
そのお茶はご飯と共に飲むことにしました。

再エコー検査と膀胱カテーテル検査は、
今月下旬に予約しました。
院長先生は、「陰性だといいなぁ」と。
もちろん、私もそう思います。
色々問題あったけど、今回はさすがに…………ね。
体重測定、また減ってる。
ご飯全量、お肉入りで食べてるのに。
27.8㎏。
ちょっと怖い。


今日病院で、お花頂きました。
開院記念日が昨日?だったようです。↓
e0046305_19351309.jpg

こちらは、↑ スナップえんどうが育ち過ぎたので
そのお豆を使って、グリーンピースポタージュ作りました。
初めて!
冷製スープでもいけました!

料理をしていると、無心になれるので気が晴れますね。









[PR]
by lab-lyle | 2017-06-02 19:12 | 病気&病院の事 | Comments(0)

腫瘍マーカー 陽性

午前中掃除をしていたら、電話がなった。
また、セールス電話かぁ?
一応でてみたら、女性の声。
あ、セールスだね。

と、思ったら「動物病院です。」

え?

「院長先生がお話があるので私一人で来院して欲しい」と。

なぜ私一人でいいのか?
バーベキューの打合せじゃぁ…………無いよね。
アレコレ頭の中で考える。
分かってるけど、アレコレ想像する。
きっと、多分、良い話じゃないのよね。

昨日持って行った尿の腫瘍マーカー検査結果が出た訳ね。
結果をメールで確認して、即私に連絡したんでしょう。

膀胱移行上皮癌の腫瘍マーカー(V-BTA)陽性でした。

陰性の結果が郵送されるだろうな、と思ってたんですけどね。
予想、外れちゃった。
e0046305_14070499.jpg

最近オモチャを引っ張り出してよく遊びます。

今後の治療ついてお話しました。
エコーには白いモノが映ってましたが
まだ初期と思われる。
幸い膀胱三角という手術困難な位置では無い。
なので手術で切除が一番良いかと思われますが
13歳5ヶ月のライルさんなので
麻酔覚醒したとしても歩けなくなる可能性あり。

外科は、どうしようも無い時以外除外です。
膀胱腫瘍に効くらしいピロキシカム(消炎鎮痛剤)を投薬してみる。
1か月後、もう一度確認のためエコーと腫瘍マーカー検査実施。
結果が再びやっぱり陽性だったら、ピロキシカム+抗がん剤。
治りはしないけど進行遅らせることが出来る(たぶん)。

と、なりました。


まだ何かピンと来ないんですけどね。
ライルさんがより良く生活が送れるように
出来るだけの事はやって行こうと思います。
ライルさんの事だから、2度目の検査で
陰性になるかも!?
経験から言うと有り得なくもない!?









[PR]
by lab-lyle | 2017-05-31 13:37 | 病気&病院の事 | Comments(2)

イエローラブのライルと母ひろぽんのまったりどたばたな日常をちょこちょこと・・・