一難去って、また・・・・・

昨日、行ってきました。
ライルの肘のCT検査。



朝、9時前に大学病院へ到着。
距離はそれほど遠くないのですが、道が混雑するので1時間ほどかかりました。



ドキドキ。



受付し、名前を呼ばれるのを待つ。
30分ほどして、「ライルちゃん、7番診察室へお入りください。」



整形外科のH先生。
いつもの動物病院から、一応話はいってるのですが
今までの病歴、現在の状況を話す。



腎臓の状態を見る血液データ(クレアチニン)が、正常値をややオーバーしているので
通常のレントゲンだけで、判定できればCTは止めましょう。という事になりました。
(麻酔が負担になるので)



それで、専門の先生が解るなら、それに越した事はない。



1時間ほど、レントゲンの結果の電話待ち。
これで、ライルを連れて帰れるねぇ~と安堵したのですが・・・・・



CT検査&脳の異常も確認するためMRI 検査を受ける事になりました。



お迎えは、やはり夕方4~6時ごろ。
長い。大雑把。



一度家に帰り、再び5時頃電話を待ちながら病院へ。
全然、電話が来ない。
6時になって、助手の先生がやって来て
「ライルちゃんは元気に覚醒して、栄養の点滴中です。先生の説明は7時ごろになります。」
待ちます。待ちます。ライルが元気ならそれでいい!




7時半過ぎ、ライルさん登場!
グイグイ引っ張って元気!
その後、先生の説明を聞きました。












まずは、脳のMRI 。
異常なし!
良かったぁーーー!



しかし、肘が・・・・・・



CT画像を見ながら説明を受けます。
とても、酷い状態。



そして、ガックンしていたのは左ですが、
右肘も・・・・・・同じような状態。
重症なのは、左なのですが、両方肘なんて・・・・・・ 



病名でいうと、『 内側釣状突起離断(FMCP) 』



どんな状態かというと、手首に近い方は2本の骨が肘の関節に接していますが
その一方が、長い。(成長の速度が違っているため)
つまり高さが合ってないので、負荷が掛かる → 痛い
負荷が掛かりすぎて、骨が欠ける。
その欠片が関節部に入ってさらに痛む。
先生いわく、靴の中に小石が入ってるような感じ。



大型犬に多いそうです。
この症状、一歳未満から現れてるらしいです。
今日、いつもの病院へ行って結果報告してきたのですが
過去のカルテを見たら、6ヶ月齢ころ『肘形成不全の疑い?』と記されてました。
その時から、あったんですねぇ。
でも痛みが、長く続いた訳じゃなかったのでそのままだったようです。
仕方が無いです。



成長期に発見されても、成犬時に発見されても
外科治療しか、無いんですから。



 ↑ そうです。
手術する事になりました。
左右の肘の『骨片除去』の手術です。
温存できる症状ではありません。
その骨片を溶かすなんて、薬もありません。
外科だけなんです。



左肘の手術一週間後、右肘の手術。
2週間の入院で、2回の手術です。



ショック。
悲しい。
辛い。
そういう感情も、なぜか出てこないんです。
やるしか無い、からでしょうか。



4月13日に、入院、手術。
20日に、2回目の手術。
27日に、退院の予定です。



命に関わる病気じゃないから、乗り越えるしかありません。
昨日の病院で、前足が一本無い、3本足の大型犬に2頭会いました。
みんな上手に歩いてるんです。
ライルも、元通りに歩いたり、走ったり、泳いだり出来ないけど
大丈夫!きっと。

今、初めて涙が溢れてきました。
私、鈍感だったのね。


e0046305_1423225.jpg




また、応援ヨロシクーーーーーーー!
[PR]
Commented by まっち at 2009-03-31 14:53 x
ライル~ ぽんぽん 検査お疲れ様。
手術も決心したんだね。
2度の手術、ライルもぽんぽんもしっかり乗り切れるよう応援してるよ。
ショックで悲しくて、辛く長~い4月になるかもだけど
新しいはじまり、スタートの4月だよ。
ライルと一緒にやるっきゃないぜ!ファイトー!!!

Commented by ふぅ at 2009-03-31 15:26 x
検査、お疲れ様~
ショックな結果だね。。。
でもハッキリわかった方が一歩前進って思わない?
2度の手術、大変だけど、やるっきゃない!
きっといい結果がでるよ!
ライちゃん、ひろぽんさん、頑張れ~~~!!

Commented by ムーママ at 2009-03-31 16:21 x
お疲れ様でした~~
そうでしたか~~外科的な治療しかないんですね。
手術も決断されたとのこと。。。
辛いでしょうけど、手術して痛みが取れて普通に生活できるなら
ライちゃんにとっても楽になるはずですよね!
みんなで応援しているよ~ライちゃん、ガンバレ~~!!!

...ムー坊も肘、怪しい感じです。。。
近々検査しに行ってきます。。。
一緒に頑張ろうね~ライちゃん♪♪
Commented by shirolab_gonjira at 2009-03-31 22:06
★ごん母だよー★
やるしかないのね
やらなきゃならないのね
それしかないなら
そしてそれで痛みがなくなるなら
きっといい結果になるよ
ライ坊だって解ってくれる。。うん絶対に
だって手術が終われば、靴の中の小石が綺麗さっぱり取れるんだもん
気分爽快!ねっ!ぽんぽん!!

頑張れぇ~かーちゃんが落ちこんでたらダメダメだぞぉーーファイト!
Commented by 音夢はは。 at 2009-04-01 02:07 x
この子のために、
どうか泣かないであげて
あなたの涙は
この子の悲しみなんです
だから泣かないで

どうか嘆かないであげて
あなたの嘆きは
この子の苦しみなんです
だから嘆かないで

どうか自分を責めないで
あなたの後悔は
この子の恐怖なんです
だから自分を責めないで

お友達のmixiで さっき読んだところです
ひろぽんさん ライル君のために笑顔で^^
Commented by えみりん♪ at 2009-04-01 10:33 x
ビックリしました。
手術になったのですね。ライルさん、この手術が
終わったらいっぱいいっぱい遊べるからね。
だからがんばろうね。
ひろぽんさんもがんばって!大丈夫、終わったら
してよかった・・・ってきっとホッとするはずです。
でも、ドキドキするよね。うんうん、そりゃそうだよね。
応援してるからね。
Commented by ばず母 at 2009-04-01 18:03 x
ひろぽんさん、ライル君、お疲れ様でした!
そっか…手術になったんですね…
でもどういう症状かはっきりわかって良かったですよねっ。
検査せずに痛み止めを飲み続けるのも体に負担になることだし。
二週間に二度の手術、、、ツライですね。。。
よく野球選手が肘の手術をしてるけど、同じような手術になるのかなぁ?
この難関を乗り越えれば、痛みから解放されて、楽になるよ!
ひろぽんさん、ライル君、頑張れ~~~♪
Commented by ひろぽん at 2009-04-01 19:20 x
☆まっちっち~~~~~~~~~
決心したけど、不安はいっぱいなのよね~
でも、頑張るわ。
元気にライルが退院できるはずだから。
お仕事も入り始めてるし、メソメソなんてしてられない!
Commented by ひろぽん at 2009-04-01 19:23 x
☆ふぅさ~ん
保護者は、待っているだけでグッタリ疲れちゃうけど
ライルはもっともっとグッタリ疲れてるんだもんねぇ。
両肘とは・・・ショックだけどキレイにクリーニングして
痛いのとは、おさらば!なんだよね。
前進あるのみ!
Commented by ひろぽん at 2009-04-01 19:27 x
☆ムーママしゃ~ん
両肘の手術なんて、考えてもいなかったからショックだったよ。。。
ムサシ君も肘、怪しいのっ!?
痛みが出たり出なかったりな状態かな?
レントゲンだけだと、ライルの症状は診断つけるのは無理らしいよ。
微妙な結果なら、CTも視野に入れた方がいいかも。
どこまで似るのかしらねぇ~カマー仲間さんは!?
ただの暴れすぎな事、祈っています。
Commented by ひろぽん at 2009-04-01 19:30 x
☆ごん・ごまはっは~~~~~~~~~
靴の中の小石は、どー考えても気持ちのいいものじゃないよね~
それを知っておきながら、取ってあげない保護者は居ないでしょう~?
そっそっ!気分爽快でお散歩できるようになるんだもの
頑張るわぁーーーーーーー!
Commented by ひろぽん at 2009-04-01 19:32 x
☆音夢はは。さ~ん
ありがとうございます。
ジンと心に染みます。
笑顔で送って笑顔でお迎えしないとね。
頑張ります。
Commented by ひろぽん at 2009-04-01 19:34 x
☆えみりん♪さ~ん
2回の手術なんて、ビックリでしょ。
思いもよらぬ・・・な感じ。
手術中、入院中はドキドキのしっぱなしだろうねぇ。
心臓もつかしら?
また、応援よろしくね~!
Commented by ひろぽん at 2009-04-01 19:38 x
☆ばず母さ~ん
症状が確認できて、痛みの原因が判ったから
今度はその原因を取り除く。
でも、それが手術なのよね。薬ではどうにもならないし。
無視する訳にもいかない。
ライルの手術は、折れて散ってる骨片を除去するらしいのよ。
場合によっては、長さの違う骨を削る事あるらしい。
野球選手のは・・?似たようなものなのかしらね?
by lab-lyle | 2009-03-31 14:27 | 病気&病院の事 | Comments(14)