分子標的薬

今日はライルさんの月に一度の通院日。
先月から何度も行ってますけど…………ね。
いつもの肝臓と血圧の薬と、
腫瘍のためのピロキシカムと胃薬を貰いました。

ピロキシカムはそもそも鎮痛消炎剤なので
胃薬も併用なのです。
幸い2週間投薬しましたが異常無し。
今回、用量を増やしました。


来週エコー検査とカテーテル採尿します。
今日の先生のお話で、ここで採尿した検体を
『BRAF遺伝子変異解析検査』やってみようか?と。

は?
遺伝子変異?

膀胱移行上皮癌が存在した場合、遺伝子に変異がみられるらしい。
それが発見されたら、癌が決定的。
確定ならば『分子標的薬』が使えるかも?だそうです。

分子標的薬は、抗がん剤なのですが
癌細胞のみをやっつけてくれて、副作用がほぼ無い。
数年前に獣医療で始まった治療法のようです。
肥満細胞腫に効果があると。
膀胱移行上皮癌にそれが使えるとは、
ちょっとネットで見る限り無いんだけど。
最新の薬が出たのか?

でもね、その治療が始まった当時の費用は
数十万~数百万円 !!!と!
現在はどうなのか分かりませんけど。

先生は、個人輸入すればかなり安く買えると仰る。
e0046305_13492462.jpg

もし、ライルさんの腫瘍に効果があって
キレイさっぱり癌細胞が無くなるなら、、、
どーだろ?
やるか?
膀胱癌は無くなったけど、他の病気になる可能性は大だよねぇ。
13歳だからなぁ。。。

転移してたら?
他の部位の癌には効果無いんだろうし。

来週もうちょっと話をしないといけませんね。
先生は何とか手術以外で、改善される方法を
探してくれてるようです。
手術しても…………治る訳じゃないけど。


ライルさんの体重増えてましたぁー!
28.5㎏!
今までのふーど量+お肉や魚のトッピング多めだもんね。
これで痩せちゃってたらどーしよーかと思ったわ。

夕方、鍼灸治療とレーザーの予定でしたが
レーザーは腫瘍を増殖させてしまうとの事で
予約キャンセルしました。












[PR]
by lab-lyle | 2017-06-16 13:11 | 病気&病院の事 | Comments(0)

イエローラブのライルと母ひろぽんのまったりどたばたな日常をちょこちょこと・・・