何故に?出血?

午前中ライルさんの病院へ。
先日の足ガックンの投薬効果確認のため行って来ました。
と、その前にこの話。
今朝、ライルさんがうんPをし
片付けようとトイレに行ったら!
血がポタポタと落ちていました。
廊下にも。

えっ!!!(°Д°)!
何?
どこから出血?
お尻をチェックし、オチンさんもチェック。
血は出てません。
どこ?どこ?
探そうとしたら、ライルさん隙間に逃げ込み出てきません。
私がケガしてるのか?
手足を見たけど、出血なし。
わかんなぁーい!
役に立つか分からないけど、
血を拭き取ったティッシュを持って、予約時間に病院へ。

診察室へ入って先生に説明をしていると
あ!血が落ちてる。
二人であちこち見たら、足!でした。
右前足の肉球。
ろくに散歩もしてないのに、何故出血?
いつ、こうなった?
右前足は、確かに先日の触診で痛がったけど
傷もトゲもなかったんですけど。。
ライちゃん、わかんないこと多すぎますよっ!

痛み止薬で、血小板が減少することがあるというので
まず、採血し検査。
キズから採取した血液を塗抹検査。
血小板は問題なし!
が、塗抹検査で尿酸結晶の様なもの発見!
犬の痛風なんて、、、ない。

先生「ライルはやっぱり普通じゃない。人間か?」
これを確定する検査キットは、病院では滅多に使用しないので
期限切れ。。。
外注検査となりました。

肉球のキズに薬を塗って、包帯。
e0046305_15335038.jpg

とりあえず出血の件終了。

で、足ガックンの方は痛み止が効いたので
薬をそのまま継続。
骨のモヤモヤの方は、来週左右同条件でレントゲン撮影し
比較検討することになりました。
怪しい場合は、例のごとく大学病院の先生に写真送って
判定して頂くということです。
これで、何度目でしょうねぇ?
大学病院まで話を持ち込むのは。
久しぶりのライルらしい???ですわね。


歳もとってきたしちゃんと診ておかないとね。
もうしばらく、散歩なしの箱入りじい様犬です。
先生「一家に一台の癒しの存在なんだから
ライルはそれでいいんだよ。」
だそうです。
ま、
癒しの存在は、認めますけど。






[PR]
by lab-lyle | 2015-05-30 14:24 | 病気&病院の事 | Comments(0)

イエローラブのライルと母ひろぽんのまったりどたばたな日常をちょこちょこと・・・