牛くんの災難

10日ほど前、牛くん救急車に乗車する出来事がありました。

私は仕事が休みで、お掃除を終え
のんびり録画した映画でも観ようかなぁと思ったところへ
妹から電話。
「牛くんが幼稚園で怪我をして救急車を呼んでる」と!
「えぇーーーっ!」

その電話から30分以上経って、
ようやく搬送先の病院が確定し、
妹と私は、病院へ。
近場の救急病院2軒には、断られ
隣の市の行ったことのない病院でした。
『担当の医師が手術中』とか
『小児科がないから』で断られちゃうようです。

直ぐに医師に診てもらいたいのに、
こういう事が本当にあるんですね。
命に関わる状態だったら、診てもらえたのかなぁ?

で、牛くんですが
病院の処置室で、泣き疲れグッタリ。
お母さん(妹)が来てくれてホッとして
泣きたいけど、頑張ってる感じ。
怪我は、未処置状態。
CTを撮ってきたばかりだったようです。

原因ですが、幼稚園の廊下が濡れていたため
滑ってストレートにアゴで着地。
アゴ下がぱっくり。
深く切れていたため、内側外側2重に3㎝ほど縫合。
縫合処置中、今まで聞いた事のない泣き声が廊下まで響きました。
ガンバりました、牛くん。
真っ赤な顔してました。

その後、牛くんが奥歯の痛みを訴えたので
先生がCT画像を確認すると
アゴの関節部に剥離(?)骨折発見!
口腔外科へ行った方が良いとのこと。
そこの病院には無いんです。
紹介状を書いて頂き、そのまま実家近くの
災害医療センターへ移動。
また、レントゲンを撮り診察。
牛くん、疲れきってますがちゃんと診てもらわないとね。
まだ5歳だし、これから先があるからね。
それに、傷の痛みより骨折の痛みの方が強いようで
こちらで痛み止めの薬も処方してもらえました。

1ヶ月も経たない前、幼稚園の遊具から頭から落ち
翌日、MRI撮ってるんですよね。
次々、災難に見舞われてます。

e0046305_16165727.jpg

当日のお写真

牛くん、若いので抜糸は1週間で完了。
今は、大きな口はまだ開きませんが
普通にご飯を食べられるようになりました。
昨日は、幼稚園のおゆうぎ会にも無事参加出来ました。
良かった!良かった!

これからは、転ぶ時は手を着きましょうね!
[PR]
by lab-lyle | 2014-12-07 15:27 | いろんな事 | Comments(0)