大げさなのぉ~?

今日は、ライルさんの血圧の薬をもらいに午前中病院へ行きました。

9時半の診療時間に合わせて、3分前に到着。

だのに、、、

なんで、こんなに混んでる?
12番・・・・・でした。
みなさん、開く前から並んでるんでしょうか?
連休の中日だから、空いてると思ったんですけどねぇ
1時間ちょっと待って、ようやく診察。

診察と言っても、血圧測定もしないし聴診もする訳じゃない。
2ヶ月ほど、担当の院長先生とまともにお話ししてなかったから
一応、ご挨拶な感じです。

忙しいのに、申し訳なかったのですが
頭部のポコっと出てる膨らみの件も、ちゃんと院長先生には診てもらってなかったので
確認も含めて診て頂きました。

で、

やっぱ・・・・・
院長先生でも、こんな頭の膨らみは診たことが無いらしい。
「なんで、ライルはいつもぉ~」 頭抱えちゃいました。

ハッキリさせるには、『バイオプシー』
前回別の先生にやって頂いた針での細胞採取では、判断しきれないとの事。
「ひろぽんさんなら、やっておいた方がいいでしょ。」
「後悔の無いよう、普通やらない細かい検査まで今までしてきたんだから、やるでしょ。」

私、大げさな保護者なのぉ~?
いつもさぁ、先生が「判断できない」って言うから検査してたのにぃ~
普通、訳わかんない事は検査するしかないじゃない。
よその保護者は、放置なのか?

先生、悩む。(ライルの場合、いつもだが。)
皮膚科に強い知り合いの獣医さんに、状態(とりあえず写真)を診てもらうか?
(お金を掛けずに、診てもらうお得意様なのですライルさんは。)
皮膚科系の知り合い、、、その場で思いつかず。。。(外科ばっか。)

とりあえず、写真をメールして置くという事になりました。
先ほど、メール送信!

出来れば、『バイオプシー』で頭剃る前に結果が出て欲しい。
「こーーんなの、何の心配もなぁーーい!」って言ってもらいたいです。

e0046305_1493849.jpg

[PR]
by lab-lyle | 2011-09-24 14:11 | 病気&病院の事 | Comments(0)

イエローラブのライルと母ひろぽんのまったりどたばたな日常をちょこちょこと・・・